国が補助金を出して推進

太陽光発電は今や国が推進する大きなエネルギー政策になっています。
世界中でCO2を減らすという国際会議の決定事項があって日本政府もこれに同意しました。
二酸化炭素の排出という問題は地球規模で考えていかなくてはいけない問題なのです。
今まで国が推進していた発電が原子力発電です。
原子力発電はウランを使った発電方法ですが、火力発電に比べて二酸化炭素の排出量が少なく、空気を汚さないというメリットがありました。
その上、ランニングコストも安いということだったのですが、東日本大震災により一旦原発事故になるとその被害は膨大で修復のコストも莫大に登ることがわかりました。
いくらコストをかけても修復しきれないというリスクと隣り合わせの発電方法というのが原子力発電だったのです。
一方太陽光発電は輸送費や、生産の際に排出する二酸化炭素すべてを合わせても火力発電よりも排出量が少なくて済むクリーンなエネルギーです。
しかもそのエネルギーの材料である太陽光は尽きることがない無限のエネルギーです。
このエコロジーなクリーンエネルギーである太陽光発電を国は大きな期待を持って推進しているのです。
それは国だけでなく地方自治体も同じです。
ですから国だけでなく地方自治体などが補助金を出してくれるところもあります。
そうした補助金を有効に利用して無駄なく太陽光発電を取り入れましょう。
ただしその導入には国や自治体によって基準があります。
ですから太陽光発電導入の際にはそうした基準を満たすように太陽光発電システムを選ぶのがおすすめです。
目安として考えられるのが設備容量の1キロワットが60万円以下になるよう抑えることです。
太陽光発電の補助金の基準は時々変わるので細かいチェックが必要ですが、1キロワットが60万円というのが対象となる場合が多いのです。
太陽光発電は初期の導入の際に大きなコストがかかります。
ぜひ、こうした補助金の導入を優先して条件を合わせ出来るだけ有利に太陽光発電を取り入れたいものです。