太陽光発電は最高の再生可能エネルギー

太陽光発電への関心は高まるばかりです。
というのも2011年3月11日に起きた東日本大震災の時、人々はエネルギーの関して大きな考え方の変換を迫られました。
というのもそれまで当たり前だったエネルギーや電気が本当にもろくも崩れ去るということを知ったのです。
震災による原発事故で福島第一原発が崩壊し、大量の放射能が拡散したことから人々は原子力発電の危うさを知りました。
それまで今使っている電力がどのように発電されたものかなどと考える人は多くなかったはずです。
でも震災にまつわる原発事故や大規模停電、輪番停電を通じて大きな考え方の変換がありました。
私たちが使っている電気はどのように発電されたものなのか、そしてその電気の発電方法にまで責任を持つことができるのかということなのです。
太陽光発電はクリーンなエネルギーです。
そのエネルギー源は降り注ぐ太陽の光でそれは尽きることがありません。
しかも太陽光発電はシステム上電気を発電するときに二酸化炭素を出すことがありません。
空気を汚さず無尽蔵なエネルギー、それが太陽光発電なのです。
このようにエネルギーが無尽蔵と言われる発電方法はほかにもあります。
たとえば、莫大な地球の熱を利用する地力発電、風を利用して大きな風車で発電する風力発電、水の流れを使って発電する水力発電、とうもろこしやサトウキビなどの農作物や植物を使うバイオマスエネルギーなどです。
これらのエネルギーはいずれもいつかは枯渇してしまう石炭や石油、そしてウランなどの資源とは違いそのエネルギーの元は尽きません。
そこにこれらの再生可能エネルギーの可能性が広がっているのです。
一人ひとりがエネルギーに関心を持って取り組むことで地球環境はいい方向へ変わっていきます。
まずは個人で取り組みやすい太陽光エネルギーを検討し、自宅が再生可能エネルギーの発電所となるようにすれば、エコロジーな生活と環境に対する責任を果たせるとも言えます。