山梨県は日本一太陽光発電に向いている県です

山梨県が日本で一番太陽光発電に向いている地域と言えます。
山梨県在住の方はもちろん知っていることとは思いますが、万が一知らなかったとすれば、それは大きな損失です。
太陽の恵みを日本で一番受けているという事を知らないからです。
年間の日照時間が一番多いのは山梨県で2100時間を超えています。
ちなみに全国平均の日照時間は約1900時間となっており、この数字だけを考えてもいかに恵まれた環境に住んでいるかがわかります。
せっかくこれだけ恵まれた環境に住んでいるのですから、是非太陽光発電を利用して、環境にもお財布にも優しい暮らし方をしてみましょう。
とは言え、高額の商品には違いありませんが、今後原子力政策の不透明さから火力発電等の燃料調達費の高騰で電気料金の値上げの可能性もありますし、何より今太陽光発電を導入すれば、余った電力を買い取ってくれる制度もあります。
さらに突っ込んで話をすれば、その買い取る電力の負担分を電力会社が引き受けるのではなく、一般家庭を含めて電気料金に上乗せするという方法で対応するのです。
結果として、太陽光発電を導入すれば電気を節約して電力会社に支払う部分を減らし、代わりに売電によりお金を頂くという一石二鳥の得を得ることが出来ます。
もちろんお金の問題だけではなく、災害時に電力供給が寸断されたとしても太陽が昇っている間は電気の確保が出来ます。
太陽光発電に最も適した山梨県です。
是非導入の検討をしてみましょう。