山梨県で行う太陽光発電

太陽光発電は、温室効果ガスを発生させないことから、環境に優しく地球温暖化を防止できる発電方法として注目されています。
そして、家庭での太陽光発電の導入を促進するために、国では、太陽光発電システムの設置に際して、申請による補助金制度を設けています。

設置費用は通常100万円を超える費用となることから、この補助金制度を利用することで、設置費用の負担が軽減されます。
また、地方自治体においても単独で補助金制度を設けているところもあります。
たとえば、山梨県の場合でも、地球温暖化の防止や、地球環境の観点から再生可能エネルギーを活用するという目的から、太陽光発電の住宅における導入について、補助金制度を設けています。
山梨県は、日照時間が比較的長く、晴れた日も多いことから、太陽光発電に適した気象条件を備えています。
そこで、県による太陽光発電システム設置に対するバックアップによって、住民のシステム設置を後押しする効果が期待できます。